正しい食習慣【昼食編】

川崎、横浜で活動する

パーソナルトレーナー兼セラピストの

渡邉卓也です!

本日は前回の正しい食習慣【朝食編】に引き続き【昼食編】です。

1日の合間に摂取する昼食は非常に重要ですが、昼食は、お仕事や家事が忙しかったりして栄養バランスが偏りやすいのも事実。

今回は正しい昼食の摂取の仕方についてご理解頂き、生活の中に取り入れて頂けたらと思います。

前回記事の

正しい食事時間

正しい食習慣【朝食編】

を先に読んで頂くと、より理解しやすいと思いますので、ぜひ合わせて読んでください!

昼食を摂る理由

人間の24時間生理周期の中で、12時~20時は、補給の時間にあたります。特に消化活動も活発で、体内では食べたものをエネルギーに変えようとします。

午後や夜にかけての活動に十分な複合炭水化物豊富なエネルギー摂取を心掛けままたしょう!

筋肉の燃焼を防ぐためにもたんぱく質の摂取や消化や吸収をスムーズにするためにビタミン・ミネラルの摂取も心がけ、バランスのいい食事をしましょう。

3食の中でのボリュームは、昼食が一番多くなるように心がけます。

昼食はどうしても簡単に済ませてしまいがちで、炭水化物中心になってしまいます。これは避けられるかが重要です。

ポイント

昼食時のポイントを普段から気を付けるようにしましょう!

一品料理は避ける

丼物や食材の種類が少ない食事は偏った栄養(炭水化物・脂質過多)になりやすく、肥満や生活習慣病の原因になります。

食物繊維を摂る

血糖値の急上昇を避けるためにも積極的に摂取しましょう。また、整腸作用もあり、胃腸の働きを活発にしてくれます。

たんぱく質・ビタミン・ミネラルは積極的に

上記の3つの栄養素は一日の量を摂れていないことが多いので、積極的に摂りましょう。

理想的な昼食例

主食・主菜・副菜1~2品・汁物といった和定食のような食事が望ましいでしょう。

たんぱく質やサラダ・海藻類などのビタミン、ミネラル類も積極的に摂るようにします。

僕は仕事柄ほぼ昼食は外食が’多いので、居酒屋さんのランチでお刺身定食や焼き魚定食が多いです。野菜が足らなかったらサラダを追加で頼んだりします。

まとめ

当たり前といえば当たり前ですが、知ってはいたけど実践できている方は以外と少ないように思えます。

太ってきた!とか健康診断で何かにひっかかったという方は決まってと言っていいほど食習慣が乱れています。

様々な状況で、すべてを実践できないかもしれませんが、健康になりたい!痩せたい!と思っているだけでは結果は出ません。

身体は本当に正直ですからね・・・笑

昼食はエネルギー補給のため!

炭水化物をしっかり摂取しつつ、バランスも心掛けましょう!

今回はこの辺で!

++++++++++++++++++

health up studio

【住所】

神奈川県川崎市中原区新丸子東1-825

フレグランス新丸子402

※武蔵小杉駅北口徒歩7分、新丸子駅東口徒歩2分

【パーソナルトレーナー兼セラピスト】

渡邉 卓也(わたなべ たつや)

MALL:info@health-up-school.com

HP:http://health-up-school.com

++++++++++++++++++

Related Entry

その体の不調・・・、 もしかしたらアレルギーが原因かも・・・...

冬季うつとは?

その頭痛や肩こりは低体温が原因かも??

不足しがちなミネラル

体の歪みを整える重要性

GWも休まず営業中!