呼吸①

川崎、横浜で活動する
パーソナルトレーナー兼セラピストの
渡邉卓也です!

本日は呼吸についてのお話です。

呼吸の仕方には種類がるのはご存知ですか?

  • 体を活発にする呼吸
  • リラックスする呼吸
  • 体脂肪を燃やしやすくする呼吸

があるんですよ。

それぞれの状況で使い分けられるようになるとダイエットや良質な睡眠やリラックスするときにも効果があります!

呼吸の種類

呼吸には、大きく分けて、

  • 胸式呼吸
  • 腹式呼吸
  • 胸腹式呼吸

の3つに、分類することができます。

それぞれに特徴がありますが、今回は胸式呼吸についてお話します。

胸式呼吸

簡単に説明すると、腹部に力を入れたまま胸で呼吸をすることです。ドーロインといったりブリーチングといったりします。

ピラティスなどをやっている方は意識している方も多いかもしれません。逆に、ヨガなどを行なっている方は、腹式呼吸がメインなので慣れないやり方かもしれません。

胸式呼吸で脂肪を燃やす

胸式呼吸は、腹部に力を入れながら呼吸を行います。そのため、ウエストダウンや脂肪燃焼に効果抜群です。

力を入れた状態を続けるため、普段よりも基礎代謝が上がりますし、胸式呼吸をするだけで、腹部の筋肉が鍛えられます。

腹部の筋肉がしっかりと働くことで、内臓が正しい位置に戻るため、脂肪量が変わっていないのにウエストダウンします。

なーーんてお得な呼吸法なんでしょう・・・(笑)

やり方

吸うときに胸郭を膨らませ、吐くときに胸郭を収縮させていきます。吸う際に肋骨に手を当て、胸郭の膨らみを意識するのと同時に、腹部に力を入れ、腹部に常に力が入った状態で呼吸します。

1.吸う際
座位もしくは立位で行います。背筋を伸ばし、リラックスした自然な姿勢をつくります。肋骨に手を当て、鼻から吸気します。この際、腹部が膨らまないように下腹部を引き込み、手で胸郭の拡がりを意識します。

2.吐く際
腹部に力を入れ、下腹部を引き込んだまま、口から自然に息を吐きます。この際、手で胸郭の収縮を感じるようにします。

3.繰り返し
1・2を繰り返し行い、胸式呼吸を行います。

ポイント

呼吸をする際に腹部に力を入れながら肋骨の動きを意識します。特に下腹部の引き込みを意識します。よく例えにするのが、きついズボンを履くときに下腹部をキュッと引き込むあの感じです・・・笑

まとめ

いかがでしたか?
腹式呼吸は、聞いたことはあると思いますが胸式呼吸を意識的に行なっている方は、少ないと思います。

意識するのが少し難しいですが、誰でも最初は分からないもんです。地道な練習が、2、3ヶ月後のあなたに変化をもたらします、

胸式呼吸を行いながら筋トレを行えば、基礎代謝はさらに上がりますし、筋トレの効果も高くなります!ぜひ、粘り強く、実践してみてください!

今回はこの辺で。次回は腹式呼吸について!

お読み頂きありがとうございました!

 

 

++++++++++++++++++
health up studio

【住所】
神奈川県川崎市中原区新丸子東1-825
フレグランス新丸子402
※武蔵小杉駅北口徒歩7分、新丸子駅東口徒歩2分

【パーソナルトレーナー兼セラピスト】
渡邉 卓也(わたなべ たつや)

MALL:info@health-up-school.com

HP:http://health-up-school.com
++++++++++++++++++

Related Entry

足がつる原因と対策①

快眠のための条件①

四十肩って・・・?

1日のリズムを整える!

腰痛の種類と対処法

内臓と姿勢の関係