痛いから運動をしないという選択

川崎、横浜で活動する
パーソナルトレーナー兼セラピストの
渡邉卓也です!

膝が痛い
腰が痛い
肩が痛い

痛みを抱えながら生活をしている方も多いのではないでしょうか?

ダイエットや健康のために運動をしたい!と思っていても痛みを抱えながら、運動をやるべきが休養を優先するべきかお悩みになる方も多いと思います。

今回は、痛みを抱えながら運動をやるべき?かやらないべき?についてお話ししたいと思います。

自己判断はしない!

お客様によく質問を受けます。
痛いけど運動をして良いのか??と・・・。

私の場合、まずは、痛みの程度やいつから痛いかなどを聞きます。

そして一番重要なのが、病院に行ったかどうかです。

病院に行っても、治らないし、安静にして下さいとしか言われないから、行かない!という方もかなり多くいます。

そうかもしれませんが・・・(笑)

重要なのは、どのような問題で痛みが出ているか、病名はなんなのか、そこを診断できるのは、お医者様しかいません!

なので、まずは病院に行って、何が原因なのか突き止めましょう。

症状によっては、運動がNGだったり、最適な運動があったりします。絶対に自分で多分これだろうと判断したりしたらダメですよ!

 

見解

  • 炎症→絶対安静、
  • 慢性痛→様子を見ながら運動する

超簡単に書くと私の答えはこれです。

捻挫や打撲のような、腫れを伴うものは、基本的には絶対安静です。

運動はお勧めしません。

しかし、怪我している部位以外は動かせたりしますので、これはトレーナーに相談してみるのもいいですね。

逆に、長期間痛みがあったり、病院に行っても特定の原因がわからない場合は、痛みの度合いをみながら筋トレやストレッチはした方が絶対に良いです。

僕のところにご相談に来てそのような方は、必ず運動と周辺部位の筋肉のほぐしを行います。

理由としては痛みがあると、同じ筋肉ばかり使ったり、負担をかけてしまったりして、悪化することが多かったり他の部位が痛くなったりしてしまうためです。

もちろん、痛みを我慢して!
ではなく、痛まない範囲で動かすというのが前提です。

自己流のトレーニングは禁物です。
体に合った動かし方や筋トレを心がけましょう。

まとめ

  • 自分で判断せず、病院に行く
  • 炎症が起きている場合は安静がベスト
  • 慢性的な痛みで原因が特定できない場合は、痛まない範囲でトレーニングしていく

これが今回の答えです。
病院行きましたか?と聞くと、いや!行ってません。という方が多くいます。

必ず行った方がいいですよ。
テレビや雑誌で似た症状だからこれだろう。なんて思ってはダメですよ。

何でもプロの意見を聞くべきです。

トレーニングも闇雲に行うのではなく、正しく、目的を持って行うようにしましょう!

今回はこの辺で!

お読み頂きありがとうございました!

++++++++++++++++++
health up studio

【住所】
神奈川県川崎市中原区新丸子東1-825
フレグランス新丸子402
※武蔵小杉駅北口徒歩7分、新丸子駅東口徒歩2分

【パーソナルトレーナー兼セラピスト】
渡邉 卓也(わたなべ たつや)

MALL:info@health-up-school.com

HP:http://health-up-school.com
++++++++++++++++++

Related Entry

ビタミンとは?

メンタルと呼吸

1日のリズムを整える!

骨盤の歪みとは?

呼吸①

摂取を控えたい食品 ②