ビタミンの種類

川崎、横浜で活動する
パーソナルトレーナー兼セラピストの
渡邉卓也です!

前回ビタミンの事をサラッと書きました。今日はビタミンの種類についてお話したと思います。

前回のおさらい

ビタミンは、「体の正常な機能を維持するための有機化合物」と書きました。

3大栄養素程、摂取量が少なくて良い為、微量栄養素とも言われています。ビタミンの種類によっては体内で合成できないか、合成できても十分な量を合成ができません。なので食品から摂取する必要があるんです~!

ビタミンの種類

ビタミンは全部で13種類あります。性質によって、「脂溶性」と「水溶性」に分けられます。

脂溶性ビタミン

油脂に溶けるのですが、水には溶けないビタミンです。

  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK

全部で4種類あります。それぞれ働きは異なります。

脂溶性ビタミンは油に溶け体内で貯蓄することが可能です。日頃から食事のバランスを考え、正しい食習慣を摂れている方は不足しづらい、栄養素だと思います。

まぁ蓄えられるとはいえ、かなり食事を気にしている方以外は不足している栄養素と言えますね。

水溶性ビタミン

水に溶けるビタミンです。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • ビタミンB6
  • 葉酸
  • ビオチン
  • ビタミンB12

この8種類をビタミンB群と言い、

  • ビタミンC

を足して、水溶性は9種類あります。

水溶性ビタミンは、体内で貯蓄ができません。1度に大量に摂取しても必要量以外は尿へと流れ出て排出されてしまいます。そのため、毎食必ず摂取する必要があり、不足している方が殆どです。

まとめ

脂溶性と水溶性どちらが必要というわけではありませんが、圧倒的に不足しやすいのは貯蓄できない水溶性ビタミンです。毎食の食事バランスが重要になってきます。

ビタミン1つ1つに働きがあり、それが複雑に絡み合って作用しあいます。本当は1つ1つ丁寧に説明したいところですが長くなるので。。。(笑)

ご興味ある方はそれぞれの働きとか含有食品など調べると日々の食事にも役に立つかと!!

今回はこの辺で~!

++++++++++++++++++
health up studio

【住所】
神奈川県川崎市中原区新丸子東1-825
フレグランス新丸子402
※武蔵小杉駅北口徒歩8分、新丸子駅東口徒歩2分

【パーソナルトレーナー兼セラピスト】
渡邉 卓也(わたなべ たつや)

MALL:info@health-up-school.com

HP:http://health-up-school.com
++++++++++++++++++

Related Entry

運動もバランスが重要!

快眠のための条件①

正しい食習慣【夕食編】

手足の冷えは、お腹を温める!

ぎっくり腰になったら・・・?

簡単!免疫力UP法!