糖質は悪なのか?①

川崎、横浜で活動する
パーソナルトレーナー兼セラピストの
渡邉卓也です!

仕事柄食事のアドバイスをすることが多いのですが、その時に必ずと言っていいほど話題に上がる糖質についてお話したいと思います。

色々勉強して僕が辿りついた答えとして一つ言えることは、ダイエットの食事も高血圧や高脂血症などの生活習慣病を改善するための食事も基本は一緒ってこと。

なるべく分かりやすく書いていきたいと思います!!

糖質とは

糖質は、砂糖、パン、米、麺などに多く含まれています。糖質と食物繊維を合わせることで炭水化物といいます。一般的にテレビやネット、街中で見かける糖質とか炭水化物は同義語と思ってもらって問題ありません。

炭水化物は脂質、たんぱく質と並んで、3大栄養素の一つで、体の主要なエネルギー源だったり、脳への数少ない栄養素です。また、細胞一つ一つの構成成分でもあります。

糖質過多

よく言われていることですが、現代人はたくさん食べているのに栄養失調なんです。もっと簡単にいうと糖質過多でその他の栄養は過少なんです。

年齢や性差、活動量でかなり差は出てきますが、

一般的に言われている1日で摂取したい糖質の量は約200g程度。※目標カロリー摂取量の半分程度の量が糖質の摂取量。

↑まぁこれでも少し、摂りすぎな感じは否めません。基本は100~150gを推奨しています。

糖質で一番危険なこと

糖質の摂りすぎは、脂肪を蓄える!だけならいいんですよ!別に(笑)食べすぎたら動けばいいだけだし、でも一番心配なことは、中毒性や依存性があること。

糖質を摂取するとβエンドルフィンやドーパミンが脳内で分泌されます。これは多好感や快感を感じさせるのですが、何度も繰り返すことで、また欲するようになり徐々に依存していってしまうんです。

そんな訳あるか!って思った方!

例えばですけど、今日から1カ月間、パン禁止とかアイス禁止って言われたらどう思いますか?

少しでもそれは無理!って思った方は、依存が始まっている証拠です・・・。

あ~!

また長くなってしまったので、ここから先は次回に続く。。。

今回はこの辺で~♪

++++++++++++++++++
health up studio

【住所】
神奈川県川崎市中原区新丸子東1-825
フレグランス新丸子402
※武蔵小杉駅北口徒歩8分、新丸子駅東口徒歩2分

【パーソナルトレーナー兼セラピスト】
渡邉 卓也(わたなべ たつや)

MALL:info@health-up-school.com

HP:http://health-up-school.com
++++++++++++++++++

Related Entry

アロマでウイルス対策!

水分の役割

腰痛の原因

肩が凝るの凝るとは?

1日たった2分の超健康法!!

あなたの血管は大丈夫??