腸内フローラが乱れるとどうなるか?

川崎、横浜で活動する
パーソナルトレーナー兼セラピストの
渡邉卓也です!

前回腸内フローラについて説明させて頂きましたが
今回は腸内フローラが乱れるとどうなるか?
について書いていこうと思います。
腸内には乳酸菌などを多く含む食品を摂ると良いと思ってなんとなく摂取していませんか?
なんで?をハッキリさせれば、継続的に摂取するモチベーションにも繋がると思います!

腸内フローラの乱れとは?

まず、腸内フローラの乱れ=悪玉菌が増え、腸内細菌のバランスが崩れた状態。
前回も書きましたが、理想バランスは善玉菌2/悪玉菌1/日和見菌7です。
日和見菌は、善玉菌と悪玉菌の多い方に味方します。
なので少しでも悪玉菌優位になると日和見菌は悪玉菌の味方をしてしまい、腸内環境は
一気に悪化します。

乱れるどうなるか?

腸内細菌のバランスが乱れると身体に様々な悪影響が出てきます。

下痢になる

悪玉菌が作り出す有害物質を早く体外へ排出しようとするため腸の運動が活発になりすぎて下痢になりやすくなる。

便秘になる

悪玉菌の毒性物質の影響で腸管などがマヒし下痢とは逆に便秘になることがある。

免疫力が低下する

粘膜免疫の力が弱まってしまうため、ウイルスから体を守る免疫システムが低下する。

精神疾患にかかりやすくなる

セロトニンやドーパミンの分泌が減り、精神疾患にかかるリスクが上がってしまう。
他にも、太りやすくなってしまったり、大腸がんのリスクが上がったり、認知症のリスクが上がってしまうなど多くの悪影響が体に出てきます。

悪玉菌が増える原因は?

肉や魚、卵、乳製品などに含まれる動物性たんぱく質や脂質の多い食事に偏ってしまうと、悪玉菌が増える原因と言われています。他にも過度なストレスや運動不足なども腸内細菌を乱れさせる原因になると言われています。
動物性たんぱく質が悪いと言っているわけではないのでご注意を!
むしろたんぱく質の規定量はしっかり摂りましょう!あくまでも偏りすぎている場合のお話です!!
今回はこの辺で~♪

++++++++++++++++++
health up studio

【住所】
神奈川県川崎市中原区新丸子東1-825
フレグランス新丸子402
※武蔵小杉駅北口徒歩8分、新丸子駅東口徒歩2分

【パーソナルトレーナー兼セラピスト】
渡邉 卓也(わたなべ たつや)

MALL:info@health-up-school.com

HP:http://health-up-school.com
++++++++++++++++++

Related Entry

効率的な寒さ対策!

花粉に効くアロマ

頭部をほぐして全身を緩める!

糖質は悪なのか?①

骨密度を上げる栄養!

ぎっくり腰とは・・・?