ストレスの種類で頭の凝る箇所は変わる!

川崎、横浜で活動する
パーソナルトレーナー兼セラピストの
渡邉卓也です!

前回のブログでは、頭の凝りについて簡単に説明しましたが、
今回は頭の凝る箇所についてのお話です。
当店では肩や首の凝りに並んで頭の凝りや頭痛でお悩みの方によくご来店頂きます。このブログを読んでいるあなたも頭痛や頭の凝りがお悩みで記事を読んでいるのではないでしょうか??
ご自分の症状に照らし合わせながら読んで頂けたらと思います!

頭部の筋肉

頭部には大きく分けて3つの筋肉があります。
(本当はもっとありますが。。。)
先ずは、頭の前方から額にかけての「前頭筋」、後頭部部分の「後頭筋」、こめかみから耳上あたりまでの「側頭筋」です。

ストレスのかかり方で凝る場所が変わる!

この頭部の3つの筋肉は、ストレスのかかり具合や種類で凝り方が変わります。

1.前頭部

脳の前頭部は、前頭葉という部分があります。ここは、思考や意思決定をするときに活発に活動します。ものを考えたり、悩んだりすることが多い方は、前頭葉をよく使うので前頭筋が凝りやすいと言われています。

2.後頭部

脳の後頭部は、後頭葉という部分があります。視覚情報の処理に深く関わっています。デスクワークやスマホなどで目を酷使している方は、後頭部が凝りやすいとされています。また、猫背や巻き肩などで頭部が前に出ている姿勢の方は、頭の重さを後頭部や首の筋肉で支えるため非常に凝りやすい状態と言えます。

3.側頭部

側頭部にある側頭筋は、顎の筋肉とも連動しています。物を良く見たり、ストレスなどが多く歯をかみしめていると、顎の筋肉と共に側頭筋は凝ります。日常的にストレスを強く感じている方は、無意識的に歯を食いしばっていることが殆どです。ある意味、肩こりや頭痛持ちの方はほとんど凝っている筋肉です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
頭にも筋肉があるのか!と思った方もいらっしゃると思います。また、ストレスのかかり方でも凝る箇所も変わります。当店では、凝りを感じている箇所や日常生活での動きや癖などお話を伺いながら一人一人に合わせてマッサージさせて頂いております。
頭痛や頭の凝りでお悩みの方は是非一度ご来店くださいませ!

++++++++++++++++++
health up studio

【住所】
神奈川県川崎市中原区新丸子東1-825
フレグランス新丸子402
※武蔵小杉駅北口徒歩8分、新丸子駅東口徒歩2分

【パーソナルトレーナー兼セラピスト】
渡邉 卓也(わたなべ たつや)

MALL:info@health-up-school.com

HP:http://health-up-school.com
++++++++++++++++++

Related Entry

ぎっくり腰になったら・・・?

長時間同じ姿勢・同じ動作を繰り返すことの代償

正しい食習慣【昼食編】

筋肉に必要な栄養素は、たんぱく質だけではない!!

四十肩って・・・?

気圧の変化と痛みの関係