性差によるウィークポイント

川崎、横浜で活動する
パーソナルトレーナー兼セラピストの
渡邉卓也です!

前回の記事で男女による大きな骨格の違いについてお話しました。

本日は、骨格差の違いによる男女別のウィークポイントについてお話します!

前回のおさらい

骨盤は男女によって多く違います。

女性は、縦に短く横に広がるような形をしています。
逆に男性は、縦に長く、横に狭い形をしています。

肋骨は、下の肋骨弓の幅が、女性は広く、男性は狭くなっています。多少の違いではありますが、この違いが姿勢にも影響を与え、体の弱い部位が事なるのです。

女性のウィークポイント

生活習慣や既往歴などによっても違いが出ますが一般的に言われているのは女性の場合膝と肩です。

膝は、骨盤が広い影響やヒールなどの安定しないものを履くことや筋力不足もあり
膝への負担が男性に比べて多いとされています。安定した靴を常用することや太もも周りの筋肉をしっかりとつけることが予防に繋がります。

肩に関しては、肋骨弓が狭い影響もあり、女性はなで肩に近い骨格をしています。男性に比べ腕が下にあり、腕の重みが肩と首にかかりやすいです。加えてデスクワークなどの背中を丸める姿勢は頭部を前突させ頭の重みが首、肩にかかりやすく、さらに肩や首に負担をかけてしまいます。

男性のウィークポイント

男性は腰がウィークポイントとされています。
女性に比べ、肋骨弓が広く、骨盤に広がりが少ない為、肋骨の下からお腹が出やすく脂肪がついた場合、お腹からせり出すように脂肪がつきます。
そうすると、重みが前にかかり、反り腰になりやすく、腰に負担がかかり慢性腰痛の原因になります。また女性に比べて、男性は股関節周辺の柔軟性が低い傾向にあり、これも腰への負担をかける一因になります。

まとめ

もちろん個人の生活環境ににより左右されますが、骨格の違いによって弱点があるのも事実です。それぞれ自分の姿勢や日常で多い動きなどを考察し少し気をつけるだけでも症状が緩和するかもしれません!

本日はこの辺で~!

++++++++++++++++++
health up studio

【住所】
神奈川県川崎市中原区新丸子東1-825
フレグランス新丸子402
※武蔵小杉駅北口徒歩8分、新丸子駅東口徒歩2分

【パーソナルトレーナー兼セラピスト】
渡邉 卓也(わたなべ たつや)

MALL:info@health-up-school.com

HP:http://health-up-school.com
++++++++++++++++++

Related Entry

夏バテの原因・・・!?

冷えは健康・ダイエットの大敵!?

原因不明の腰痛!

体の歪みを整える重要性

腰痛の原因

肝臓のお話。