食品の陰と陽

川崎、横浜で活動する
パーソナルトレーナー兼セラピストの
渡邉卓也です!

前回、体の冷えについてのお話をしたので、その続きで体を冷やす食品に
ついてお話したいと思います。
体の冷えにお困りの方は是非参考にして頂けたらと思います!

陰陽調和

東洋医学の思想の一つに陰調和という考えがあります。
自然界には、太陽と月、男と女、夏と冬のように陽と陰が存在し、これが調和することによって、身体も宇宙もバランスが保たれており、これが崩れた時に病気になるという考えです。
食べ物にも陰と陽があり、季節ごとの野菜などが分かりやすいと思います。夏に収穫される、きゅうり、ナス、トマトなどは陰性度が高い野菜です。夏野菜は身体を冷やす効果があります。また、白砂糖や果物も身体を冷やしてしまう極陰性です。
一方、根菜類は身体を温めてくれる陽性の食べ物です。また、調理法でも陰陽は変化します。生のままで食べると陰ですが、熱を加えたり、油を使ったり、塩辛くしたりすると陽性に変わっていきます。

実践

とにかく冷えにお困りの方は、かr打を冷やす生野菜や果物、酢の物、アイスクリームの量をほどほどにしましょう。冬は根菜類やしょうがを摂取し、体を温めるようにします。
自然界の陰陽をきちんと受けとめ、食べ物の力を借りながら、身体の中の陰陽バランスを保っていくことが冷え性の解消にも重要です。
ちなみに、玄米は中庸の食べ物です。玄米を主食にして、体を温める力の強い常備菜と季節の野菜を盛りこんだ食卓が、この陰陽バランスを保つ上で理想的な食事となります。

まとめ

簡単な説明になってしまいましたが、意識すれば誰でも実践できるものだと思います。
忙しかったりするとついつい外食やコンビニ食が増えてしまいますが、その場は満腹で幸福感は得られても長い目で見たら体によくなかったりすることもよくあります。
加工、精製食品が多く、気をつけないと自然と陰性の食品ばかり口に入ってしまいます。
この機会に一度詳しく調べてみてはいかがでしょうか?
本日はこの辺で~♪

++++++++++++++++++
health up studio

【住所】
神奈川県川崎市中原区新丸子東1-825
フレグランス新丸子402
※武蔵小杉駅北口徒歩8分、新丸子駅東口徒歩2分

【パーソナルトレーナー兼セラピスト】
渡邉 卓也(わたなべ たつや)

MALL:info@health-up-school.com

HP:http://health-up-school.com
++++++++++++++++++

Related Entry

アロマテラピーのメカニズム!

花粉に効くアロマ

ミネラルとは?

摂取を控えたい食品 ②

その頭痛や肩こりは低体温が原因かも??

原因不明の腰痛!