脚がつらないために必要な栄養素!

川崎、横浜で活動する
パーソナルトレーナー兼セラピストの
渡邉卓也です!

この時期よく質問されるのが、寝ているときに朝方に脚がつるというご質問です。
脚がつる原因は以前にも書きましたが、様々な要因が複雑に作用して発症します。

本日は、脚がつらないための対策として、栄養という観点からお話したいと思います。

電解質

脚のつりには、体液の電解質が深く関わっています。

〈電解質とは〉
水に溶けると電気を通す物質のことをいいます。この電解質は、細胞の浸透圧を調節したり、筋肉細胞や神経細胞の働きに関わるなど、身体にとって重要な役割を果たしています。

この電解質のバランスが崩れると脚はつりやすくなります。
主な電解質(イオン)には、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどがあります。

不足しがちな電解質

電解質の中でも、マグネシウムとカリウムは非常に不足しやすい栄養素です。

例えば、筋肉を動かすのに重要なのがカルシウムです。そしてカルシウムの作用を調整する役目がマグネシウムです。マグネシウムの摂取が少なく不足すると、筋肉が過剰に収縮しやすくなり、脚がつりやすくなってしまいます。
ナトリウムとカルシウムは摂取過多になりやすく、カリウムとマグネシウムは摂取過少になりやすい栄養素です。

マグネシウムとカリウムの含有食品

脚がつりやすい方は、この2つの栄養素を積極的に摂取するようにしましょう!

〈マグネシウムが多い食品〉
〇アーモンド
●カシューナッツ
〇ひじき
●わかめ
〇大豆
●納豆


〈カリウムが多い食品〉
〇昆布
●バナナ
〇アボカド
●カツオ
〇大豆
●里芋

まとめ

脚がつる原因は栄養だけでなく、筋肉不足、柔軟性低下、水分不足、冷え、疲労の蓄積などたくさんの要因が考えられますが、栄養というう観点からのアプローチも非常に重要です!
お悩みの方は一度、食事を見直してみてはいかがでしょうか??

体のほぐしを行いながら、様々な角度からのお話でアドバイスさせて頂きます!
ご来店お待ちしております♪

++++++++++++++++++
health up studio

【住所】
神奈川県川崎市中原区新丸子東1-825
フレグランス新丸子402
※武蔵小杉駅北口徒歩8分、新丸子駅東口徒歩2分

【パーソナルトレーナー兼セラピスト】
渡邉 卓也(わたなべ たつや)

MALL:info@health-up-school.com

HP:http://health-up-school.com
++++++++++++++++++

Related Entry

花粉症に効くツボ!!

夏に不足しがちな栄養素

免疫力を高める栄養

1日たった2分の超健康法!!

冬季うつの対処法!

その肩こりや腰痛はストレスのせいかも?