冷た~い!ものは体に良くない!?

川崎、横浜で活動する
パーソナルトレーナー兼セラピストの
渡邉卓也です!

まだまだ暑い日が続いていますね・・・。

体調を崩していないですが?

暑い季節には、やっぱりキンキンに冷えた飲み物や食べ物をついつい飲んだり食べたりしてしまいますよね・・・。

私も気をつけてはいますが、やっぱり飲んじゃいます(笑)

冷たい飲み物や食べ物が胃腸機能を低下させてしまうんです・・・。

胃腸が弱れば、免疫力は一気に低下し、体調を崩しやすくなってしまいます。

ということで、今回は、冷たい飲み物や食べ物と胃腸の関係についてお話していきたいと思います!

胃腸は冷たいものに弱い!?

食べ物や飲み物が消化・吸収する器官が胃腸です。

胃腸は、免疫力の低下にも深く関わっていますし、栄養素を吸収器官でもあります。

この機能が、低下するとどうなるかはあなたも分かると思います。

特にこの暑い時期は、外気温と室内の温度差で自律神経も乱れがちで、もともと胃腸は疲れています。それに加え、キンキンに冷えた飲み物や食べ物を多く摂取してしまうともう胃腸への負担は大!

なぜ?良くないか?

すご~く簡単に分かりやすく説明すると、冷たい水に手をずっとつけていると指先がふやけてしわしわになりませんか?

胃腸も同じで、特に冷たい飲み物を多く摂取していると胃や腸でも同じような状態に陥って胃腸の機能が低下してしまうと言われています。

これが冷たい飲みものを飲むのを避けたほうが良い一番の理由です。

お腹を冷やすな!とは聞いたことがあると思いますが、キンキンに冷えたものを口にするのは体内から冷やしているのと同じです。

また、お腹で冷えた血液が足腰に流れこむことで、足先の冷えにも繋がります。腰痛や膝痛にも影響を与えるとも言われています。

対策

これは簡単です。

とにかく極端に冷えた飲み物や食べ物を控えることです。

水分を減らしましょう!と言っているわけではないですよ!むしろ飲みすぎた位、積極的に飲んでください!

常温くらいか、少し冷たいと感じるくらいの温度が丁度いいです!

とは言っても口にしてしまう機械も多いと思います。意識的に控えるようにすればまずは良いと思います。常にキンキンに冷えたものではなく、胃腸に優しい温度で摂取するようにしましょう!

 

今回はこの辺で~~!

++++++++++++++++++
health up studio

【住所】
神奈川県川崎市中原区新丸子東1-825
フレグランス新丸子402
※武蔵小杉駅北口徒歩8分、新丸子駅東口徒歩2分

【パーソナルトレーナー兼セラピスト】
渡邉 卓也(わたなべ たつや)

MALL:info@health-up-school.com

HP:http://health-up-school.com
++++++++++++++++++

Related Entry

正しい食習慣【朝食編】

よく噛んで食べなさい!

筋膜とは。

あなたにとっての健康とは・・・??

その姿勢!首・肩が泣いています・・・。

やっぱりたんぱく質は重要。