夏バテにならない食事!

川崎、横浜で活動する
パーソナルトレーナー兼セラピストの
渡邉卓也です!

暑いですね~!

なんか僕はやっと夏が来たな~と少しテンションが高めな今日この頃・・・(笑)

夏バテ気味~!というお客様もちらほら。

ということで本日は、夏バテに効果的な栄養のお話です!

夏バテとは

夏の暑さによる自律神経系の乱れが主な原因で現れる様々な症状。暑気中り(しょきあたり)、暑さ負け、夏負けと呼ばれることもあります。

症状

  • 全身のだるさ
  • 食欲不振
  • 冷え
  • 筋肉の凝り
  • 下痢

などがあげられます!

本来は秋口に体調を崩した際、夏に体力が弱った影響で体調を崩したという意味で使われていましたが最近では、夏の時期でも使われるようになったそうです。

私が夏バテになると、ダルさとかはないですが、食欲が落ちて、水ばっかりに飲むので下痢になるというのがパターンですかね・・・。

夏バテになりそうな時やなった時には、とにかく栄養が重要です!

夏バテに効果的な栄養素

基本は、糖質過多になりすぎず、様々な栄養素をバランスよく摂取することが望ましいですが、本日はその中でも効果的な栄養素を書いていきます!

ビタミンB1

糖質を分解してエネルギーに変える働きがあります。疲労回復のビタミンとも呼ばれています!不足すると疲労感や倦怠感、食欲不振、むくみなどの症状が現れると言われています。

〈多く含まれる食品〉

豚肉、落花生、ごま、ウナギ、レバー、玄米、豆類、牛乳、魚類など

ビタミンB2

糖質、脂質、たんぱく質をエネルギーに変えてくれる働きがあり、発育のビタミンとも呼ばれています。不足するとうまくエネルギーの変換が出来なくなり、夏バテになりやすくなってしまいます。

〈多く含まれる食品〉

納豆、卵、ウナギ、ドジョウ、サバ、アーモンド、緑黄色野菜など

ビタミンB6

主にたんぱく質の分解や再合成に使われる栄養素です!不足するとたんぱく質のもとのアミノ酸の合成ができず、体内で様々な働きが低下します。また神経伝達物質の合成にも必要で不足すると自律神経を乱れさせやすくします。

〈多く含まれる食品〉

魚介類(サンマ、サバ、鮭など)、マグロ(とくに赤身)、レバー、卵、豆など

ビタミンC

コラーゲンの合成、ストレスに対する抗体を作ったり、鉄の吸収を良くしてくれます。疲れを感じたり、だるさを感じたら積極的にビタミンCを摂取しましょう!

〈多く含む食品〉

果物(いちご、グレープフルーツなど)、緑黄色野菜、豆、緑茶など

クエン酸

かんきつ類に多く含まれる栄養素の一種です。新陳代謝を活発にし、疲労物質の乳酸を減少させる働きがあります。体内のエネルギーを効率よく燃焼させ、疲労回復を早めてくれます。

〈多く含まれる食品〉

レモン、キウイフルーツ、パイナップル、グレープフルーツ、梅干、黒酢など

マグネシウム

体内でビタミンB群と一緒にエネルギー代謝にかかわる働きをします!筋肉と神経の正常な働きを保ちます。疲労回復にも欠かせない栄養素です。

不足しがちな栄養素なので積極的に摂取しましょう!

〈億含まれる食品〉

大豆、豆腐、納豆、小麦胚芽、ひじき、魚類(ホタテ、カツオ、アジなど)、ほうれん草、バナナなど

まとめ

これだけ摂れば解決!

ということは残念ながらありません。まずはバランスの良い食事を心掛けながら、上記した栄養素を積極的に摂るようにしましょう!

それでは本日はこの辺で~!

++++++++++++++++++
health up studio

【住所】
神奈川県川崎市中原区新丸子東1-825
フレグランス新丸子402
※武蔵小杉駅北口徒歩8分、新丸子駅東口徒歩2分

【パーソナルトレーナー兼セラピスト】
渡邉 卓也(わたなべ たつや)

MALL:info@health-up-school.com

HP:http://health-up-school.com
++++++++++++++++++

Related Entry

ダイエット・健康の第一歩は、環境を整えることから

その姿勢!首・肩が泣いています・・・。

体が硬くなる理由。

世界一の健康食。

骨盤の歪みとは?

肩が凝るの凝るとは?