四十肩って・・・?

川崎、横浜で活動する
パーソナルトレーナー兼セラピストの
渡邉卓也です!

本日は巷でよく聞く、四十肩について!

腰痛や肩こりの次に質問される?ってくらい結構お悩みの方が多いような気がします。僕の感覚ですけど・・・(笑)

原因や予防法について簡単にですが説明していきたいと思います。

メカニズム

原因となる動きで痛みが発症することは少なく、突発的に痛みが発症することが多いです。

そもそも「四十肩」・「五十肩」と言いますが、どちらも区別はなく、病名でもありません。40~60代に多く発症するためにそう呼ばれるようになったみたいです。

正式名称は『肩関節周囲炎』と言います。

肩関節の筋肉や腱、滑膜などの硬化や炎症が起きることで発症します。他にも頸肩腕などの血液循環の低下も一つの要因だと言われています。

しかし、特定の問題で発症するこは少なく、整形外科でも診断だけ受けて明確な対処法を教えてくれないこともよくあります。

肩関節周囲炎は進行性です。

  1. 初期の痛みは肩の違和感や少し痛む程度、肩こりなども感じる場合があります。
  2. 進行期の痛みは夜ズキズキ痛で眠れないなどの夜間痛や日常生活でもふとした瞬間に激しい痛みを感じたりします。
  3. 拘縮期の痛みは肩が動かなくなってきます。
  4. 拘縮期末期は痛みは少ないが肩が動かない状態になります。

対処法

もちろん私はトレーニング指導や施術を行うので、肩などの疾患に対しての勉強もしていますが、私なりの経験則もふまえてのアドバイスをしたいと思います。

①何はともあれ病院へ!

肩が痛いだけだし、病院にいっても湿布くれるだけでしょ?と行かない方も多いです。

しかし軽視せず絶対に病院は行った方が良いです。診断できるのはお医者さんだけです。むしろ湿布をもらうだけなら私の仕事です!って感じです(笑)

腱板断裂とかそのほかの疾患の可能性もありますからね。違和感や痛みがあったら一度病院に行きましょう。

②痛む動きや箇所を特定する

肩を動かした際にどのような動きで痛くなるかを明確にしておきましょう。また痛みが出始めた最初は炎症状態にあるの痛む動きは絶対に控えます。この最初の時期はアイシングもお勧めです。

痛みが1カ月以上続くようなら、少しずつ動かしていくことが重要です。あまり動かさない時期が長いと関節の可動域が極端に狭くなりますので、少しずつ痛みと相談しながら動かしましょう。

③とにかくほぐす

温めた状態でのストレッチや筋膜リリースはもちろんですが、病院で電気治療も良いと思います。

マッサージも効果的です。僕自身が施術しているからというわけではなく、一番マッサージが効果があると思っています。

もちろん施術者の腕次第ですが(笑)

肩関節周囲炎はコリが結構特徴的だと私は感じています。

人により発痛部位は異なりますが、ピンポイントにこの特徴的なコリを入念にほぐすことで、可動域は広がりや痛も徐々に軽減してきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか??

本当に簡単なアドバイスですが、とにかく痛みが強くなると生活に支障をきたすこともしばしば見受けられます。

自己判断ではなく、必ず専門の方のアドバイスを受けることが重要です。

今回はこの辺で!

お読みいただきありがとうございました!

++++++++++++++++++
health up studio

【住所】
神奈川県川崎市中原区新丸子東1-825
フレグランス新丸子402
※武蔵小杉駅北口徒歩8分、新丸子駅東口徒歩2分

【パーソナルトレーナー兼セラピスト】
渡邉 卓也(わたなべ たつや)

MALL:info@health-up-school.com

HP:http://health-up-school.com
++++++++++++++++++

Related Entry

1日たった2分の超健康法!!

スポーツドリンクの種類

プロテインの種類

簡単にできるストレス発散方法!

摂取を控えたい食品 ②

現代人のほとんどが栄養失調という事実。